まがりかど( ´・ω・)

35歳。色々な面でまがりかどを迎えております。 美容と健康、そしてMy Lifeに悪戦苦闘中!

Google
 
Web お客様のドメイン名
   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんは花粉症ですか?

ワタシは3年前の春に突然発症しました。
夜は鼻が詰まるし、鼻水だらだら、目はしょぼしょぼ。
鼻炎薬を服用していたのですが、
ここ最近、症状が出ても軽いんです(^ー^)v

何故かと言うと、それは「飲むヨーグルト」を飲み続けているからです☆

以前「あるある」でも紹介されていたのですが、
ヨーグルトなどに含まれる善玉菌が腸内環境を整え、
花粉症発症に関連する免疫細胞の活性化を抑制するそうです。
詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね⇒

上記のサイトを見て驚いたことに

「ほくろが多い人は花粉症になりにくい」                                  らしいです!!(゚Д゚;)

(ワタシ、ほくろ多いんですけど・・・。だから症状がさほど重くないとか?)


でもまあ、ほくろの少ない我が夫は重度の花粉症ですが、
やはり同じように「飲むヨーグルト」を飲み続けて、かなり症状が軽くなっています。
是非お試しください☆

ちなみに、普通のヨーグルトとか乳酸菌飲料でもOKですよ!!
我が家では、「飲むヨーグルト」の方が安上がりなのでこれにしています(*´∇`*)




テーマ:雑記 - ジャンル:日記
久しぶりに映画を観ました。
と言っても、深夜TVで放映されたやつを録画して観ただけですけど。
「ブリジット・ジョーンズの日記」
「恋におちたシェイクスピア」 
「アメリ」         の3本です。

どれも話題になった映画ですが、話題になっていると
なぜか観る気が失せるという、あまのじゃくなワタシです♪~( ̄ε ̄;) 。
TVで放映(^m^) ウププ...タダなので観ました!


○●○●以下ワタシの感想です●○●○

ぶりじっと
「ブリジットジョーンズの日記」は女性向けのストーリー。主人公が太めで
(主役のレニー・セルウィガーは、役の為に13㌔も太ったらしいです)、
ドジで、ヘビースモーカーで酒飲み、
今までの映画のヒロインのようなスラリとした憧れるキャラではなく、
だからこそ主人公が恋愛に悩む姿が、身近に感じられるのでしょう。
(ちなみにワタシはノンスモーカーでお酒もほとんど飲みませんが、ドジなところはビンゴです☆)
女性からの共感の声が多かったことに頷けます。
最後のハッピーエンドは笑えるし、観終わった後ちょっと元気が出る映画でした。



しぇいくすぴあ
「恋におちたシェイクスピア」はアカデミー賞で作品賞・脚本賞・主演女優賞など
7部門受賞した作品。
う~ん、確かに衣装もうっとりする位綺麗だし、
ヒロイン、ヴァイオラ役のグウィネス・パルトロウは可愛かったです。
でも、ストーリー自体は、ワタシにはストレート過ぎてぐっとこなかったんです。
多分、シェイクスピアとヴァイオラがエッチしなかったら感動してたかも・・・・・・。
なんていうのか、まだ結婚してない二人が・・・・・・ねぇ(;¬_¬)
なぁんて気持ちがどこかにあって、(うわぁ!私ってオバサン?!)
結果的にそれがワタシがのめり込めなかった原因かもしれません。
(かく言う私は結婚する前に子供作っちゃいましたけど・・(^◇^;) 純愛万歳。)



あめり
「アメリ」が3本の中で一番面白かったです。アメリって⇒
あの「デリカテッセン」のジャン=ピエール・ジュネ監督だと知り、
やっぱり☆って感じでした。(実はワタシ、フランス映画大好きなんです☆)
色使いといい、ディティールのセンスの良さが目を惹きました。
冒頭の朗読のような人物説明のシーンも面白かったですし、
とにかく、優しい気持ちになれる映画でした。

フランス映画独特の子供達に見せたくないエッチなシーンもありましたけど、
ワタシの手でモザイクをかけてあげつつ、子供と一緒に観たんです。
以来、子供達と冒頭シーンを真似て「好きなこと」「嫌いなこと」を
言い合って遊んでます。


☆例えば☆

ワタシの好きなこと:部屋の隅の綿ぼこりを掃除機で吸い取ること
    嫌いなこと:お菓子の袋を開けること

息子の好きなこと:ブロックを組み立てること
   嫌いなこと:髪の毛を切られること

の好きなこと:爪楊枝で爪の間の汚れを取ること
  嫌いなこと:「早く」って言われること


はっ!Σ('∀`;)


子供達の嫌いなことって、全部ワタシがやってることじゃんッ!

ごめんなしゃい・・・\(_ _。)ちょっと反省。






テーマ:(*≧ー≦)ノ - ジャンル:日記
2日にわたって放送していたドラマ「里見八犬伝」
1983年の薬師丸ひろ子と真田広之が主演の映画
「里見八犬伝」を観た、あの時の感動を思い出して、
期待に胸を膨らませ、わくわくしながら観ました。



う~ん、盛り上がらねぇ・・・・(・_・)


なぜでしょう?気持ちが盛り上がってこなかったんです!

タッキー好きなんですけどね。
なにが足りないと言って、映画と比較してみると、
真田広之は荒っぽい役柄だったし、薬師丸ひろ子は凛とした感じで
主役の二人に強さを感じたのですが、
タッキーと綾瀬はるかにはそれがなかった・・・・・・それか?

出演者がすごかったので、どうも脇役に喰われてた感がぬぐえません。
それに、話の勢いがちょっと足りなかったような・・・・。
同じ姓と玉を持つ剣士が集まるとこなんか、ボルテージが上がるはずなのに
ちろちろ集まるもんだから、話は丁寧に進むけど、結構だれました。

面白かったのは、
「冬彦さん」以来久しぶりの佐野史郎の不気味笑い(←5,6回繰り返して観ました☆)
滅多に見られない武田鉄矢のエロ爺っぷり(キモいけど新境地を見た!)
陣内孝則の化け猫変化。倒れた京本政樹のメイクばっちり具合
(ちなみに京本政樹は映画「里見八犬伝」で犬塚信乃役でしたね)

私ってばどこ見てんだろ・・・・・・・・


「八犬伝」について詳しく知りたい方はこちらへ⇒

それよりも驚いたのが、「古畑任三郎」です!!

イチローすごい!!(#゜ロ#) !

内心演技がド下手だったらどうしよう、ファンやめるかも・・・
なんて思ってたのですが、なんのなんの、大したもんでした。
大リーガー引退後の人生が見えた気がしました。
(曙も見習えー!なんてね(^w^)ぶぶぶ・・・ )



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
今年の年賀状は、夫に作ってもらいました。
夫の友達には別に作ると言うので、
私のほうは、家族で撮った写真と、飼ってる猫2匹の写真を
入れてもらいました(戌年なんですけどね・・・)。

12月23日に、子供達を実家に預けに行くため
前の晩、徹夜して作ってもらいました(作らせました?)

なかなかの出来栄え。

うむ、苦しゅうない┌( ̄0 ̄)┐ウォーッホッホッホ

実家に着いて子供と私は年賀状に一言と宛名を書き、
帰りにポストにINして、やれやれ。
子供達はお正月まで預かってもらうので、
私は仕事三昧だぁ~っと思いながら家に着くと、
夫が自分用に年賀状を製作しているところでした。
ふとその画面を見ると、
富士山をバックに、自分の顔と猫の写真しかないっ!

「これじゃただのナルシスト君やん!」

と私が言ったからか、翌日には作り直しておりました。

夫:「ちゃんとみんなの写真も入れたで。」

どれどれ。
よく見ると確かに私と子供の写真が入ってる。


でも小さっ!!!私の顔、5ミリかよっ!!


私:「小さいなぁ・・・」

夫:「小さいから綺麗に見えるやろ?」


ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!


確かに小さ過ぎて、顔のシミやシワも見えなくって
ちょっと私ってば、20代に見えるんじゃあない?(〃∇〃) テレッ☆

って喜んでる場合か!!

でも確かにそうなので、許すとす。

夫:「今作った俺のんと、こないだのんとどっちがいいと思う?」

私:「どっちもいいんちゃう?」

夫:「俺もそう思う。」


自画自賛かよっ!!ヽ(`Д´)ノ

何かうまく出来た時の、私達夫婦間でよく使われる言葉は、

「そういう仕事したらええんちゃうかな」です。

今回も私言いました。「そういう仕事したらええんちゃうかな」
いやマジで。











テーマ:年賀状 - ジャンル:日記
大晦日で楽しい気分な時にあれですが、
昨日、短大時代からの友人が自殺しました。

昔から彼女は何度か自殺未遂をしてて、
ずっと心配して励ましていたのですが、
私が結婚して出産して、日々の生活で忙しくなり、
独身の彼女が毎日のように電話をかけてくる事に苛立ちを感じ、
彼女に振り回されたくないという思いになって、
8年前くらいからついに疎遠になってしまいました。

疎遠になっていた間も、何度か短大時代仲の良かったメンバーで
会う話はあったんですが、彼女がドタキャンしたりで
ついにみんなで再会することは叶いませんでした。

卒業旅行は彼女と二人でヨーロッパへ行き、
毎週のように、オールナイトでクラブで一緒に踊りました。
お互いの家によく泊まって、眠りにつくまで話をしました。
すごく純粋で傷つきやすくって、天然で面白くって
喧嘩もしたけど、心の優しい人でした。

最後に何もしてあげられなかったことが、辛いです。

でも、何かしてあげられたんだろうか。
疎遠になってなかったら、救ってあげられたんだろうか。
今となっては、何をどう考えても仕方ありません。
彼女はもういないのですから。

彼女は生きることに苦しんでいたので
もしかしたら、これでホッとしているかもしれません。

でも、お父さんもお母さんも、ご兄妹も、友達も、
みんなみんな、悲しんでました。とてもつらそうでした。
私も、お線香をあげて帰るまで、バスの中も電車の中も
人前で泣きっ放しでした。
こんなに人を悲しませちゃダメです。

人には必ず寿命があって、必ずいつかは死ぬんだけど
自殺はダメです。殺人もダメです。





テーマ:気持ち - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。